○吉野川市立中学校寄宿舎条例

平成16年10月1日

条例第93号

(設置)

第1条 吉野川市立中学校に遠距離通学をしなければならない生徒の負担軽減を図り、もって勉学に精励できる環境を整えるため、吉野川市立中学校寄宿舎(以下「寄宿舎」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 寄宿舎の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

吉野川市立山川中学校高越寮

吉野川市山川町北島23番地2

吉野川市立美郷中学校蛍雪寮

吉野川市美郷字毛無98番地1

(管理)

第3条 寄宿舎は、吉野川市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理運営する。

(職員)

第4条 寄宿舎に寮監その他必要な職員を置く。

(事業)

第5条 寄宿舎において行う事業は、おおむね次のとおりとする。

(1) 入寮者の居住及び宿泊に関すること。

(2) 入寮者の給食に関すること。

(入寮の対象者)

第6条 吉野川市立山川中学校に在学する者は吉野川市立山川中学校高越寮に、吉野川市立美郷中学校に在学する者は吉野川市立美郷中学校蛍雪寮に、入寮することができる。

(入寮の申請)

第7条 寄宿舎へ入寮しようとする者の保護者は、教育委員会に申請しなければならない。

(入寮の承認)

第8条 寄宿舎への入寮は、年度初めに決定する。ただし、特別な場合は、教育委員会の承認を得て入寮することができる。

(使用)

第9条 入寮者は、教育委員会が指示した事項に留意し、常に善良な使用者として注意をもって寄宿舎を使用しなければならない。

2 教育委員会は、入寮者がこの条例又はこの条例に基づく諸規定に違反したときは、入寮の承認を取り消すことができる。

(承認の取消し)

第10条 前条第2項の規定により入寮の承認を取り消すことができるのは、次の場合とする。

(1) 入寮者がこの条例この条例に基づく規則又は教育委員会若しくは校長の指示した事項に違反したとき。

(2) その他、入寮者が送る寮生活が適当でないと認められるとき。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の美郷中学校寄宿舎の設置及び管理に関する条例(平成9年美郷村条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

吉野川市立中学校寄宿舎条例

平成16年10月1日 条例第93号

(平成16年10月1日施行)